賃貸経営はマンション管理会社に依頼!【安定した家賃収入を得る】

MENU

未利用地の活用方法

貯金箱

初期経費を考える

未利用の空き地を持っている場合には、少ない予算でリスクが小さい駐車場経営をすることがお勧めです。不動産投資には様々なものがありますが、初期費用が小さくて済むので大きな失敗につながることがありません。ただし、重要なことは初期費用の額と収入の額を適切に判断することです。駐車場経営を始める場合の初期投資の額としては、ほとんどが施工費です。まずは駐車場として利用するために整地が必要になりますが、車体の重量に耐えられる地盤にするためには、掘削して砕石を敷き詰め転圧します。どのような舗装にするかにもよりますが、砂利の場合は2000円/平方m、アスファルト舗装で5000円/平方m、コンクリート舗装で8000円/平方mが相場となっています。単純に車を置く面積だけではありませんので、それなりの費用が必要になります。その他の施工費としては、区画用のロープを張ったり、ラインを引くための費用がかかります。また、駐車場の入口になる部分に歩道がある場合には、歩道の縁石の切り下げの施工も行わなければなりませんので、30万円から50万円程度必要になります。土地の状況にもよりますが、100坪程度の土地であれば14台くらいの駐車スペースを確保することができます。アスファルト舗装の場合、整地やライン引き、歩道切り下げなどの施工費が200万円程度かかることになります。この初期経費を回収できるような賃料を得ることができるかどうかを検討することが重要です。

Copyright© 2018 賃貸経営はマンション管理会社に依頼!【安定した家賃収入を得る】 All Rights Reserved.